[秋の花粉症2018]飛散時期やピークは?症状などもまとめてみた

最近やっと過ごしやすくなってきましたね
秋といえば紅葉の秋や食欲の秋、読書の秋もありますね。

 

ですが私はもっぱら[花粉症の秋]です(涙)
もう喉がイガイガで毎日、咳き込んでいます。。。
皆さんは、秋も花粉症の季節なのをご存知でしょうか?

 

今回はそんな秋の花粉症について自身の経験をふまえて
まとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

秋の花粉 飛散時期とピーク

 

春は主にヒノキ科のスギ・ヒノキの花粉が多く飛散する時期です
が、秋はキク科のブタクサ・ヨモギや、イネ科のカモガヤによる
飛散がピークを迎え、花粉症に悩む人が増えてきます。

 

また、ブタクサやヨモギ・その他花粉症に合併するOAS(Oral
allergy syndrome:口腔アレルギー症候群)も合わせて意識
することで症状が少しでも軽減されると思います。

主な飛散時期とOAS

 

ヒノキ科
スギ(1月下旬〜5月上旬)・・・トマト
ヒノキ(3月上旬〜5月中旬)・・・トマト

カバノキ科
ハンノキ(1月中旬〜5月初旬)・・・
りんご・もも・いちご・メロン・スイカ・大豆・キウイ・オレンジ
・マンゴー・山芋・アボカド・人参・セロリ・トマトなど

イネ科
オオアワガエリ・カモガヤ(4月下旬〜11月上旬)・・・
メロン・スイカ・トマト・ジャガイモ・玉葱・オレンジ・セロリ・
キウイ・米・小麦

キク科
ブタクサ(7月下旬〜11月初旬)・・・スイカ・メロン・バナナ
ヨモギ(7月下旬〜11月初旬)・・・人参・セロリ・ピーナッツ
ジャガイモ・トマト・キウイ・マスタード

スポンサードリンク

秋の花粉 症状について

 

春と同じく、くしゃみ・鼻水・目の痒みなどの症状が出ます。

 

また、キク科の雑草の花粉は粒子が細かく突起が多い形状を
している為、アレルギー体質の人が吸い込むと咳き込み、
喘息を引き起こすこともあります。(私はこちらの症状です。)

 

咳・くしゃみ・鼻水がでて「風邪かな?」と思い風邪薬を飲ん
でも治らないというときは、アレルギーかどうか調べてみる
ことも大切です。

 

私は子どもの頃からアレルギー体質で、季節の変わり目(春と秋〜冬)
は特に体がダルくなったり顔や首が痒くなったりしていました。

 

当時は花粉症なんて知らなくて、ただアトピー性皮膚炎としか
思っていませんでした。

 

ただ、分かっていたのは

 

[春]は、くしゃみ・鼻水・痒み
[秋]は、ひたすら咳き込む

 

と言うことでした。

 

社会人1年目の時に症状が悪化し、当時働いていた会社近くの
知り合いの病院で出勤前に診てもらったことがあります。

 

先生に[先ずは血液検査とパッチテストした方がいいね]と
血液採取とパッチテストをしてもらいました!
所要時間は30分くらいでした。

 

夕方までに血液検査とパッチテストの結果をまとめておくから
仕事帰りに寄ってと言われ、帰りに結果を聞きにいったところ

 

[反応出てるよ笑]と先生に見せてもらった結果が・・・

 

・スギ(ヒノキ科)・ヒノキ(ヒノキ科)・ブタクサ(キク科)
・ヨモギ(キク科)・カモガヤ(イネ科)

 

と5つの花粉に反応していました。
(花粉以外で言えば・小麦・卵・そばにも反応していました。)

 

飛散時期に照らし合わせてみると、私が平穏に外出できるのは
11月中旬〜1月初旬までの2ヶ月程なんですよね。
ほぼ1年中、何かに反応していたようです苦笑

 

秋の花粉 対策は?

 

●原因となる花粉を飛散させる植物に「近寄らないこと」。

秋の花粉症の原因となる植物は、花粉飛散距離がスギやヒノキ
と比べて格段に短いという特徴があります。

秋の行楽で自然と触れ合うのは楽しいですが、アレルギー対策
は原因物質をなるべく体内に取り込まないことが原則です。
外出時には、マスクやメガネなどの着用がおすすめです。

主な成育場所は・・・公園、道端、河川敷・堤防など

 

●粘膜を刺激するものは避ける。

具体的には香辛料(胡椒・唐辛子等)、タバコなどが、花粉症で
敏感になっている鼻の粘膜を刺激してしまい、症状を悪化させる
原因にもなります。

 

●花粉症に合併するOAS(Oral allergy syndrome:口腔アレルギー
症候群)を意識する。

症状が出始めたり、ひどい時は合併症を引き起こす食材を控えて
様子を見るのもおすすめです。

 

●外出先から帰ったら、玄関に入る手前で花粉を払ってから家の中に
入るようにする。

家の中に花粉を持ち込まないことも大切です。

 

●花粉が多い時は窓を閉め、湿らせた雑巾で花粉を拭き取るなど、
花粉が舞わない工夫をする。

少量の花粉であっても、空気中に舞い上がると体内に入り、症状を
引き起こす原因になります。

 

お終わりに…

 

いかがでしたか?
あなたはどの時期から症状が出ますか?

 

上記の花粉時期を見て、症状日記などをつけてみれば、花粉と自分の体の
関係を知る手がかりになると思います。

 

是非、お試しください♪

 

お越しいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です