[猪名川花火大会2019]の穴場や混雑回避は?屋台や駐車場/交通規制も!

みなさん、こんばんは。

 

最近は、日中の気温も30度を超える日があったり、だんだんと夏に近づいてきましたね。

 

夏といえば、花火大会の季節ですよね。

 

今年は令和の最初の年でもあるので、記念に1ヶ所くらいは花火に出掛けて、思い出を作りたいですよね♪

 

今回は、第71回猪名川花火大会2019の日程や時間等の詳細、穴場スポットや混雑回避、屋台や駐車場などの交通情報についても書いていきたいと思います!

 

[天神祭奉納花火2019]場所や穴場スポットは?混雑状況と屋台や駐車場も 淀川花火大会2019の見物スポット/場所や屋台は?混雑状況や交通規制も [PL花火大会2019]最寄り駅やアクセスは?混雑/規模や場所取り屋台も! [泉州光と音の夢花火2019]場所や見物スポットは?混雑や駐車場/屋台も [みなとこうべ海上花火大会2019]アクセスや穴場は?屋台や混雑/駐車場

スポンサードリンク

 

猪名川花火大会とは

 

猪名川花火大会は、大阪府池田市と兵庫県川西市の2県をまたぐ猪名川河川敷で行われています。

 

こちらの花火大会は1948年(昭和23年)から続く伝統ある行事で、毎年10万人もの人が訪れます。

 

毎年10万人だなんて人気の高さがうかがえますよね。

スポンサードリンク

猪名川花火大会2019 日程・時間や場所

 

猪名川花火大会2019の日時は下記の通りです。

 

猪名川花火大会2019

 

日程  2019年8月17日(土)

 

時間  19:20〜20:20

 

場所  猪名川河川敷

 

雨天時 小雨決行、荒天時は中止

 

花火大会やお祭りといえば、やっぱり浴衣ですよね♪

 

 

めちゃめちゃ可愛いですよね。親子コーデなんていかがですか?

 

他にも何パターンかあるようです。おばあちゃんとお孫さんのコーデでもお洒落でいいと思います♪

 

せっかくの花火大会はやっぱり雰囲気も大事ですよね。

猪名川花火大会2019 アクセス

 

猪名川花火大会2019のアクセスは下記の通りです。

猪名川花火大会2019

 

 

場所 川西市小花2丁目付近

   猪名川河川敷

 

JR宝塚線 川西池田駅 徒歩15分

 

阪急宝塚線 川西能勢口駅 徒歩10分

 

阪急宝塚線 池田駅 徒歩10分

猪名川花火大会2019 駐車場や交通規制、混雑状況・回避は?

 

猪名川花火大会2019の駐車場ですが専用駐車場は設けられていないようです。

 

また会場付近(川西・池田側)の周辺道路は、18時頃〜22時頃まで交通規制が敷かれていて通行止めになります。

 

そして16時30分頃から交通規制を行う18時頃まで来場者の安全確保を考慮して、川西市側の堤防道路の一部が片側交互通行規制になる予定だそうです。

 

こちらは2018年度のものです。最新は公開され次第、差し替えます。

 

(引用:公式HPより

 

そして19時頃〜22時頃まで阪神高速道路11号池田線の池田分岐から池田木部までの通行止めがおこなわれますので、ご注意ください。

出口封鎖

 

◆18時頃から

川西小花出入口(一般道路の交通規制のため)

 

◆19時頃から

池田木部入口(大阪市内・上り)
神田入口(池田木部行き・下り)

 

 

つまり車で行く場合は混雑が予想されます。

 

混雑回避方法としては、車をあきらめて電車、バスなどを利用し、早めの来場をおすすめします。

 

ですが、どうしても車で行きたいという方は有料駐車場に停める必要があります。

 

そんな方は、予約駐車場の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

事前に駐車スペースが確約される「akippa」という駐車場予約システムです。

akippaとは・・・

 

普段、利用できない
月極の空いている駐車場や
個人所有の駐車場を利用できる
システムです。

 

事前にスマホやパソコンで駐車場を探し、予約と支払いをして当日に駐車します。

 

元々空いている駐車場を利用するので料金も格安です。



事前に登録だけでもしておくと、とても便利です。全国2万4000箇所の駐車場を探せますのでこちらはとってもおすすめです。

猪名川花火大会2019 穴場スポット

 

猪名川花火大会2019は、毎年約10万人が訪れ4000発もの花火が上がるので、見ていて圧巻です。

 

池田市エリアの第1会場川西市エリアの第1会場は毎年、大変混雑しますので比較的空いている

 

第2会場へ行かれることをおすすめします。個人的には池田市側第2会場がおすすめです。

 

河川沿いで見るので花火が上がっていく様子や全体を見渡せることが出来ます。

 

私は、16時〜17時頃に会場に向かい、それほど混雑した状況ではなくとてもいい場所を取ることが出来ました。

 

花火の「ドンッ」という音を間近で感じながら、大きな花火が真上に上がる様子を見れるので、打ち上げ場所近くまで行って鑑賞することをおすすめします。

 

※注意事項

 

川西側第1会場は2018年度より、過度の混雑で大変危険なためブルーシートなどでの場所取りが禁止となりました。

 

開場時刻は16時30分ですが、川西側第2会場(南側観覧席)の一部は当日朝から開場されます。

 

それから場所取りで長時間無人の場合、シートを撤去される場合もあるそうなので誰か1人、見張り役の人がいた方がいいかもしれないですね。

猪名川花火大会2019 屋台

 

猪名川花火大会2019での屋台情報ですが、屋台はたくさんでています。

 

大阪府池田市側と兵庫県川西市側にたくさんの屋台が並びます。

 

フランクフルト、焼きそば、たこ焼き、カキ氷、フルーツなど定番の屋台から、ケバブ、チーズハットグなど、その年の流行のような屋台までいろんな種類のものが売られています。

 

会場に少し早めに行き、場所取りをしてから屋台で食べ物を購入し、食べながら花火の打ち上げを待つと、待ち時間も十分楽しめると思います。

 

猪名川花火大会2019 台風10号の影響で中止に

 

猪名川花火大会2019ですが、台風10号の影響で中止になることが発表されました。

 

楽しみにしていたのに残念です。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

夏の風物詩を現地で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

テレビでもいろんな場所の花火大会は見れますが、実際に見た方が心にも残って良い思い出になりますよ。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です