[mart2018年12月]クリスマスオーナメントをダイソー商品で作ってみた

皆さん、こんにちは。
管理人の”なか”です♪

 

我が家には、いまクリスマスツリーが大小合わせて3つあるんですが
どれも買ったツリーに買ったオーナメントを飾っています。

 

先日、たまたま本屋さんでライフスタイル情報誌の[Mart12月号]を
手にしてみたら、私でも作れそうなオーナメントが載ってたので
さっそく購入して挑戦してみました♪

 

雑誌ではお洒落な雑貨屋さんらしき所で材料を購入されていました
が庶民な私は、ダイソーで揃うんじゃない⁇と思い早速、自転車で
買い出しに行ってきました〜。

スポンサードリンク

[mart2018年12月]材料(オーナメント16個分)

 

・軽量樹脂粘土       1/2使用
・工作マット        1枚
・クッキー抜き型      6個使用
・ネイル用のグリッター   5色使用
・粘土のし棒とヘラのセット のし棒とピンクヘラのみ使用
・スエード調手芸ひも    グレー・カラシ・ホワイト使用

※写真に入れ忘れました(すみません)が、つまようじ1本も使用します。

 

さあ、一体どんな感じに仕上がるのか⁇ワクワクします♪

スポンサードリンク

[mart2018年12月]作り方(約20〜30分)

 

❶まず、工作マットの上に粘土を取り出しますが裏面の方がツルツル
していて作業しやすいので工作マットの裏面を使用します。

 

軽量樹脂粘土を1/4ほど取り出して、工作マットの上に置きます。
のし棒で厚さが3〜5mm程度に均一になるように慣らしていきます。

 

❷型を抜く前の粘土にグリッター(ラメパウダー)をまぶします。
そして、手で軽く押さえておいて下さいね。

 

私は、ふりかけのように直接、上からサラサラっと掛けましたが
上手く出来ないかも〜と言う方は、つまようじやスプーンなどで
まぶしてもいいと思います。

 

❸粘土を好きな型でどんどん抜いていきましょう。
好きな型と好きな色のグリッターを合わせて自分好みにします。

 

雑誌では、[半分だけグリッターが掛っている位置で型を抜き
ましょう]とありますが、そこは気にせず自分がいい!と思った
位置で型を抜いていきたいと思います。

 

めちゃくちゃ簡単な工作ですが、楽しいです〜。
型を抜いたら、ひもを通す穴を開けます。

 

私はつまようじでグリグリしました。
綺麗な穴を開けたい方は、ストローでもいいと思います。

 

❹乾燥させて、ひもを通します。

 

こちらも、雑誌では[一晩自然乾燥させる]とありましたが
私が使用したのは100円均一の軽量樹脂粘土なので、あまり
水分も無くてすごく軽いんです。

 

作って放置している間に、わりと乾燥してくるので普通に
工作マットからスッと取れたら飾ってOKな感じでした。

 

初めは、グリッターも4色だけ使って型も3種類でいいかな〜と
思っていたのですが、子供に見付かってしまい、やりたいと言
って聞かないので作ってもらいました。

 

急遽、追加の4個です。
グリッター掛けは私がやりましたが、色指定は子供です。
思った以上によく出来てました(笑)

 

1個に2色使うと言い出し、発想が私には無かったので、ちょっと
関心しちゃいました。

 

↓こちらが完成品です♪↓

 

 

めっちゃ良くないですか?!
追加で子供が作ったオーナメントが、いいアクセントになってます。

 

本当は、クリスマスツリーもダイソーで購入したかったのですが
結局、出会えずで”ニトリ”のヌードツリー700円を使用しました。

 

材料費 648円+ツリー756円 = 1,404円

 

1,404円で可愛いクリスマスツリーが出来ちゃいました〜♪

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回、実際に作ってみて簡単で何より楽しかったです。

 

粘土も特に手に付かないし、型を抜いた後の粘土もまとめて
伸ばしちゃえば全然分からないので少ない量で出来ました。

 

最初から子供と作っても良かったかもしれないな〜と思いました。
ただ、グリッターが細かいので取り扱いには注意が必要です。

 

私自身が赤のグリッターを机と粘土の上にぶちまけてしまって
アタフタしちゃいました。

 

クリスマスまで少し期間があるので、皆さんも手作りオーナメント
で楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

[ダイソークリスマスグッズ2018]種類や販売期間は?在庫も調査

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です