[みなとこうべ海上花火大会2019]アクセスや穴場は?屋台や混雑/駐車場

みなさん、こんばんは。

 

だんだんと夏が近づいてきました。

 

学生さんはもうすぐ夏休みですよね。

 

夏といえば、花火大会の季節です。

 

今年は令和の最初の年でもあるので、

 

記念に1ヶ所くらいは花火に出掛けて、

 

思い出を作りたいですよね♪

 

今回は、みなとこうべ海上花火大会2019

 

の日程や時間等詳細、アクセスや

 

穴場スポット、屋台、混雑状況や

 

駐車場についても

 

書いていきたいと思います!

 

[天神祭奉納花火2019]場所や穴場スポットは?混雑状況と屋台や駐車場も [猪名川花火大会2019]の穴場や混雑回避は?屋台や駐車場/交通規制も! [PL花火大会2019]最寄り駅やアクセスは?混雑/規模や場所取り屋台も! [泉州光と音の夢花火2019]場所や見物スポットは?混雑や駐車場/屋台も 淀川花火大会2019の見物スポット/場所や屋台は?混雑状況や交通規制も

スポンサードリンク

 

みなとこうべ海上花火大会とは

 

 

みなとこうべ海上花火大会は、今年で

 

49回目を迎えます。

 

第1回は、昭和46年(1971年)に造成中の

 

ポートアイランドコンテナバースで

 

打ち上げたのが始まりです。

 

当初は、400発〜700発程度でしたが

 

打ち上げ場所の変更(メリケンパーク沖)

 

ともない昭和62年(1987年)より2000発台

 

に増えました。

 

平成13年(2001年)は3700発、

 

平成14年(2002年)は4000発

 

平成16年(2004年)は5000発、

 

平成21年(2009年)以降は尺玉

 

入れて10000発以上

 

の大規模な花火大会に成長しています。

 

平成29年(2017年)は神戸開港150年

 

を記念して15000発、平成30年(2018年)

 

兵庫県政150年を記念して、

 

15000発が打ち上げられました。

 

令和1年(2019年)は、尺玉も入れて6500発

 

の予定です。

 

スポンサードリンク

 

第49回みなとこうべ海上花火大会2019 日程・時間や場所

 

第49回みなとこうべ上海花火大会2019

 

の日時は下記の通りです。

 

第49回みなとこうべ上海花火大会2019

 

 

日程  2019年8月3日(土)

 

時間  19:30〜20:30

 

場所  神戸港

   (新港突堤〜メリケンパーク南側

    海上まで)

 

住所  兵庫県神戸市中央区新港町2

 

雨天  雨天決行・荒天中止

    ※中止決定は当日15時

 

 

第49回みなとこうべ海上花火大会2019 アクセス

 

第49回みなとこうべ上海花火大会2019

 

へのアクセスは下記の通りです。

 

みなとこうべ海上花火大会 最寄駅

 

・JR神戸線 元町駅 徒歩20分

・阪神電鉄  元町駅 徒歩20分

 

 

第49回みなとこうべ海上花火大会2019 駐車場や混雑状況など

 

第49回みなとこうべ上海花火大会2019

 

の駐車場ですが

 

専用駐車場は設けられていません。

 

周辺道路は、交通規制が敷かれていて

 

います。

 

交通規制

 

・17:30〜22:00

※ハーバーランドは17:00〜

 

阪神高速3号神戸線京橋インターチェンジ

入口は20時〜22時(予定)まで閉鎖します。

 

再度山ドライブウェイ北行きは、

17時30分〜花火終了頃まで通行止禁止。

 

つまり車で行く場合は混雑が予想されます。

 

混雑回避方法としては、車をあきらめて

 

タクシーで行けるとこまで行くか、電車、

 

バスで行くことをおすすめします。

 

ですが、どうしても車で行きたいという

 

方は有料駐車場に停める必要があります。

 

そんな方は、予約駐車場の利用も検討して

 

みてはいかがでしょうか。

 

事前に駐車スペースが確約される

 

「akippa」という駐車場予約システムです。

 

akippaとは・・・

 

普段、利用できない
月極の空いている駐車場や
個人所有の駐車場を利用できる
システムです。

 

事前にスマホやパソコンで駐車場を

 

探し、予約と支払いをして当日に駐車

 

します。

 

元々空いている駐車場を利用するので

 

料金も格安です。

 



 

事前に登録だけでもしておくと、

 

とても便利です。

 

全国2万4000箇所の駐車場を探せますので

 

こちらはとってもおすすめです。

 

第49回みなとこうべ海上花火大会2019 穴場スポット

 

第49回みなとこうべ上海花火大会2019

 

の来場予想人数は毎年28万人です。

 

みなとこうべ海上花火大会での

 

穴場スポットですが、

 

ポートアイランド側から花火を見る

 

のがおすすめです。

 

また、神戸学院大学のしおさい公園

 

からですとポートタワーや観覧車を

 

バックに花火が見れます。

 

出店数は少ないですが、屋台も出て

 

いますので臨場感を味わうことができます。

 

メリケンパーク側も綺麗ですが、人の混雑

 

がこちらはかなり多いのでポートアイランド側

 

がおすすめです。

 

第49回みなとこうべ海上花火大会2019 屋台

 

第49回みなとこうべ上海花火大会2019

 

での屋台情報ですが、

 

たこ焼きやカステラ、イカ焼き、唐揚げ

 

、焼き鳥、ビール、かき氷など、定番の

 

屋台が多いです。

 

また、変わったところでは牛タン串焼き、

 

鶏皮ギョウザ、インスタ映えする電球型の

 

容器に入ったジュースなどがあります。

 

唐揚げ屋さんは色々な種類の屋台が出て

 

いて、黄金のとりからや大分の唐揚げも

 

あったりと迷ってしまいます。

 

ですが、屋台はどこも早々に長蛇の列

 

なってしまうことが予想されますので、

 

事前に用意してから会場に向かうのも

 

1つの方法かと思います。

 

元町駅から会場に向かう途中に

 

大丸神戸店があります。

 

デパ地下でお惣菜とデザート、飲み物や

 

お酒を買ってから会場へ行くのも

 

おすすめです。

 

味は間違いありませんからね。

 

百貨店を利用するのもいいと思います。

 

とってもおすすめです☆

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

夏の風物詩である花火大会を、ぜひ会場で

 

堪能してみてはいかがでしょうか。

 

テレビでも見れますが、実際に見た方が

 

心にも残って良い思い出になりますよ。

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です