超簡単!豆腐×HM×さつま芋の材料3つで子供も大好きドーナツレシピ♪

皆さん、こんにちは。
管理人の”なか”です♪

 

先日、子供の幼稚園で遠足がありまして、芋掘りに行ってきました。
私も引率として参加したのですが、お天気も良くて最高の遠足日和でした。
子供が真剣に芋掘りしている姿を見て、とっても微笑ましかったです。

 

そんな子供が掘ったさつま芋に、豆腐HM(ホットケーキミックス)を加えた
ヘルシーで美味しいドーナツレシピをご紹介したいと思います。
本当に超簡単なので、ぜひ作って頂けたらと思います。

 

わが家では、休日の朝ごはんや日々のおやつに作ることが多いです。
大きさや中の具によって、食感も全然違いますし何通りにも楽しめます。
ほんのり甘くて、もちもちのドーナツです!

 

[味噌玉1人分レシピ]簡単で具沢山!分量やおすすめ具材は?

スポンサードリンク

材 料 (ドーナツ17個分)

 

● さつま芋       正味100g
(今回は1本220gのさつま芋を半分使用)

● 絹ごし豆腐        150g

● HM(ホットケーキミックス) 200g

 

作り方 (約15分)

 

❶さつま芋の準備からはじめます。

さつま芋を綺麗に洗い、キッチンペーパーに包んで全体をしっかり濡らします
包んださつま芋をラップで気持ちふんわり目に巻き、電子レンジで加熱します。
(目安:500W−7分、600W−5分20秒、1000W−3分30秒)

加熱直後はとても熱いので、冷めるまで電子レンジの中に放置で大丈夫です。
放置中もさつま芋に熱がじわじわと入っていきます。

お時間がある場合のふかし芋の作り方

⑴炊飯器に重ならずにさつま芋を並べて、水を100ml入れる。
1時間の設定で炊飯ボタンを押す。

これだけの手順ですが、驚く程さつま芋がしっとりして甘味が出ます。

 

❷次にドーナツ生地を作ります。

ポリ袋ジップロック袋などに豆腐HMを入れて袋の上から揉み混ぜる。
この時、しっかりと混ぜてください。

 

混ざったら、袋の両端をハサミで切って広げ、まな板代わりにします。
かなりゆるい生地ですが、手に水をつけて丸めると、まとまります。

 

❸具を入れます。

❶で電子レンジ加熱した、さつま芋を半分に切って皮をむき(皮付きでも
お好みで大丈夫です)大体1㎝〜1.5㎝角になるように切っておく。

 

❷のドーナツ生地を、水で濡らした手で小さく丸めて中にさつま芋
を入れる。
(生地を丸める時はスプーンを2個使って丸めても大丈夫です)
今回は1個20gの生地に具のさつま芋を入れて、17個出来ました。

 

中火(160℃)3〜4分、全体がキツネ色になるまで揚げる。

完成です♪

スポンサードリンク

[参考までに]さつま芋の保存方法

 

泥つきのまま新聞紙に包んで、ダンボールなどに入れて涼しいところで
保存します。

 

傷や痛みがなければワンシーズンもちます。
傷等がある場合は、1ヶ月を目処に食べ切りましょう。

 

さつま芋は呼吸しているので、冷蔵庫に入れるとカビが発生します。
また、ビニール袋に入れての保存は窒息してしまいますので避けて
ください。

 

さつま芋は、掘りたて、採れたてのものはあまり美味しくありません。
まだデンプンが糖に分解されていないからです。
1週間〜2週間程、置いてから食べた方が甘みが増します。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ドーナツの大きさは、小さめだとカリッと感が強めで、大きめだと
モチっと感が強くなります。

 

パンの耳を5㎜角に切ったものを、生地に混ぜ込むと外はカリッと
中はモチっとになって、両方の食感が楽しめてこちらも美味しいです。

 

何も入れないプレーンも美味しいですし、具を生地に混ぜ込んでも美味しいです。
甘い系だとおやつ、しょっぱい系だと食事になります。
中の具は、何でも入れていいのでバリエーションも広がります。

 

(写真はソーセージ・かぼちゃ・チョコレート)

 

お子さんのおやつや食事に、いかがでしょうか?

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です